2009年09月22日

【告知文】新たな学びの場「ソウルビレッジ・フィロソフィア」

連投すみません。友廣です。

こちらはもうすぐ某R社を退職される予定の
森田さんから新たな学びの場が生まれるというお知らせです。

最近、同時多発的にこうした
本格的な学びの場が立ち上がっていますね。

かくいう僕も学びの場を主宰させていただいているのですが・・・
いろいろな動きがあるのは素晴らしいことだと思います。

既存の型を破り、
自らの信念に基づいて新たな型を生み出す。

時代の変革期には、
オルタナティブでインフォーマルな学びを
社会が欲しているのかもしれませんね。

ちなみに、こちらのメンバーも素晴らしい方々ばかりで
ぼくもお金があれば受講してみたい!と思うものです。
間違いありませんよ!

++++++++++++++++++++++++++

2009年9月、新たな「学びの場」が立ち上がります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

説明会を開催します!

2009年9月26日(土)14:00〜16:00

参加費:無料

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その名は「ソウルビレッジ・フィロソフィア」

http://www.sv-ph.jp

学校というよりも、その位置づけは

自分の軸を持ち、社会に本気で挑む人間が集う場。

学びと遊びを通じて、参加者同士が双発しあう場。


21世紀を迎え、今年でちょうど10年。

そろそろ本気で意識をチューンアップしてみませんか?

「意識が変われば、世界が変わる!」


「ソウルビレッジ・フィロソフィア」は
4つの学部で構成されていますが

今回は「農」を通じて「脳を鍛える」
「農∞脳学部」のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ソウルビレッジ・フィロソフィア 農∞脳学部  全8回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※日程、受講料などの詳細についてはHPをご確認下さい。
http://www.sv-ph.jp

----------------------------------------------------------------------------
「農業」と漢字で書くと、一見、生業としての農として伝わりやすいですが
語源agricultura(ager:土地+ cultura :耕作)に現されるように

農はculture(文化)であり
cultureとはcultivate(耕す)ことといえるでしょう。

野生からの採集から、土地を確保し、生産性を上げる「栽培」という技術に進化し
灌漑、治水、農耕具、農業機械における生産性拡大
という技術的発展

食を豊かに彩る「器」が農作物を保存し、食す中で生まれ
豊穣を祈り、実りを祝う行為から「祭祀、歌、踊り」などの文化が生まれ
といった、文化創造

これらの歴史から見ても、
我々が「農」を通じて大きな文化的成長、技術的発展を遂げてきたことは明らかです。


また、大地(土)という自然に対して、人間の手が加わる(耕す)ことで
新たな命を産み出すという共創造の過程は
農を通じて、自然・大地とのとの対話、対峙を通じて
人間が「学びを得る場」「脳を耕す場」といえるのではないでしょうか。


今回の農∞脳学部は
座学6回とフィールドワーク2回で構成されています。

座学では、「農」に関わる分野で「自分創造」「社会創造」にチャレンジする
第一線の方に講師として話していただきます。
知識は勿論のこと
彼らの哲学・経験の共有を通じて、自分の脳を耕す場になるはずです。

フィールドワークでは、
土をいじり土を踏みしめるという、
人間が古来から、他の動物と同じように当たり前に行っていた行為を通じ
自然と調和することに対する心地良さを感化し、
本能から湧き上がる高揚感を感じられることでしょう。



★具体的な講座の例★
農作物の最初の形であり、生命の源でもある「種」の隠された真実
たねの森 代表 紙 英三郎氏

「意外と知らない食の流通」〜食の世界を俯瞰で捉える!
農家のこせがれネットワーク理事COO 脇坂真吏氏
http://mwakisaka.blogspot.com/

話題の「半農半X」農を取り入れた21C型新しいライフスタイル
http://www.towanoe.jp/xseed/

恒久的持続可能な環境をつくり出すためデザイン体系「パーマカルチャー」
http://www.pccj.net/pccj_1.html
変化し続ける自然環境において、持続可能なシステムを創造し続けることには
ビジネスの現場においても、大いなる学びを得るヒントが詰まっています。
-------------------------------------------------------------------------

■講座の内容
講座は全部で8回実施します。
6回の座学と2回のフィールドワーク(最後は収穫祭!)

場所は、全国の農家・こせがれが作る農業実験レストラン「六本木農園」
http://roppongi-nouen.jp/

<全8回のテーマ>
第1回 座学 講師:木戸寛孝
「21世紀の農の可能性 身体性の回復が時代を切り拓く」
10月3日(土)

第2回 畑フィールドワーク1
「まずは土に触れる!」 千葉県香取市
10月4日(日)

第3回 座学 講師:脇坂真吏
「意外と知らない食の流通」
10月17日(土)

第4回 座学 講師:舘野真知子
「畑を食べる!旬を食べる意味」 試食付き
10月24日(土)

第5回 座学 講師:関野幸生
「種の話」
11月3日(祝)

第6回 座学 講師:笠原英樹
「地球の本来の形に戻るパーマカルチャーとは?」
11月7日(土)

第7回 講師:塩見直紀
「半農半Xの生き方」
11月14日(土)

第8回 畑フィールドワーク2
「収穫!」 千葉県香取市
最終回は収穫してきたらそのまま六本木農園で収穫パーティー!
11月29日(日)



※講師のプロフィール、日程、受講料の詳細についてはHPをご確認下さい。
http://www.sv-ph.jp



ぜひ、ソウルビレッジ・フィロソフィア「農∞脳学部」で学び
本気で意識をチューンアップしてみませんか?

21世紀を迎え、今年でちょうど10年。
「意識が変われば、世界が変わる!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ソウルビレッジ・フィロソフィア 農∞脳学部 説明会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼開催日時
2009年9月26日(土) 14:00〜16:00

▼プログラム
コンセプト、各講座のテーマをプレゼンテーション

質疑応答


▼会費
無料


▼会場
「全国の農家・こせがれが作る農業実験レストラン」
六本木農園1F
六本木駅徒歩2分。麻布警察の裏です
http://roppongi-nouen.jp/


▼申し込み方法
------------------------
・お名前(漢字フルネーム)

・メールアドレス

・参加人数
------------------------
ソウルビレッジ・フィロソフィア事務局担当宛
info@sv-ph.jp
メールにてご連絡ください。

ご参加を心よりお待ち申し上げております。
posted by ともひ at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。