2009年09月05日

【告知】大阪農時間 vol.1(に登場します)

昨日、小豆島から帰ってきました。

僕がかねてからお世話になっている
リビングワールドの西村さんから突然
「小豆島に行ってみませんか?」というメールをいただき
なにやら良く分からないままに訪ねることに。

結果、素晴らしい滞在になったわけですが
その話は追々していこうと思います(笑)

ちょっといくつかお知らせをさせてください!


まずはこちら。

先日、ちょっとしたきっかけで「谷町空庭」を訪ねました。

大阪のビルの屋上に庭園をつくり
そこで野菜を育てられていて
日にち限定でカフェなんかもやられている。

以前「こんなことやりたいなー」とノートに書いていたことが
そのまま形になっていて、ほんとに驚いた。

そして意気投合して、
今回大阪にいる間にイベントを開いてくださるということで
みごとに形になってしまいました。
恐るべし、空庭さん!

関西にいる方はぜひお越しください〜


*************

 (仮)大阪農時間 vol.1
    
   **友廣裕一さんの大阪農時間**


つい最近、谷町空庭に素敵な25歳の青年がやってきました。
聞くとさまざまな村を訪ねては、そこの地域の方々と仲良くなり、
農作業のお手伝いを重ねてきたとか。
その数、70町村300人。

地方の様子を都市部の人々に伝える情報発信人のつもりでいった村々から、村に住まれる方々との一期一会の出会いを経ておもったこと。
 
  **友廣裕一さんの大阪農時間**

 日時:1、9月6日(日)7時〜9時 
    2、9月8日(火)7時〜9時

  場所:大阪市中央区谷町四丁目
     「谷町空庭」   
 金額:700円 (大豆茶つき) 

  *軽食別途あり(空畑おにぎりなど 小皿300円)

  *友廣さんについては、こちらをごらんください。
       ムラアカリ http://www.murakari.com/
   
   なかでも、最近の朝日新聞に掲載された記事はとてもいいのでお読みください(8月24日の記事のなかにあり)
   大東市出身。25歳。
  
  *申し込み:sorahataclub@yahoo.co.jp どちらも2日前まで(飛び入り参加でも基本かまいませんが。) どちらの日かと、軽食必要かどうか一言添えてご返信ください。

  *8日は、能勢のインディーズ?農家べじたぶるぱーく君も加わります。
************

都会と田舎。都市部と農村部。地方。

都会には都会のよさがあり、農村には農村のよさがある。
わかったようで、わかってない。
そしてどうも、田舎・農村=遅れている、おもしろいことがなにもない、という短絡的な間違ったイメージがまだ付きまとっている気がします。

空庭も、新潟や安曇野にいったばかりで、その余韻そのままに、そこで感じたこと、学んだこと、お伝えしたいです。



ムラアカリ@野菜.JPG


こんな写真まで用意していただきました。

あー楽しみだなぁ!
posted by ともひ at 01:07| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。