2009年08月15日

終わりのはじまり


ご無沙汰しております。

「ムラアカリをゆく」の方には
お知らせしていたのですがこちらにも≪風の便り≫を掲載します。

#名前で検索するとこっちのブログがトップに出て
#なにげにアクセス数も伸びているので・・・

無事、旅を終えました。

そして、次の旅がはじまりました。

この何日間かゆっくりしていたのですが
今日からまた動き出します!


まだなにも決めていません。

やるべきことは、なんでもいい。

ただ、
自分の見てきた世界を大切にして
感謝の気持ちを忘れずに
自分にできることに全力を注ぐ。

がんばるぞっと!


 

───────────────────────────

 

《風の便り》 ムラアカリをゆく vol.3


お世話になっている皆様へ 

大変お世話になっております!
友廣裕一です。


約6ヶ月に渡って
日本中の農山村を中心に日本一周を行ってきた
「ムラアカリをゆく(http://murakari.com)」ですが、
ついに終わりを迎えて先日東京に戻ってきました。


今は東京に家がないので(解約して旅立ったので...;)
方々に居候をしていていたりして
まだまだ旅を終えたという実感は少ないのですが、
昨日8月10日に25歳の誕生日を迎えたことを機に
旅の終わりを宣言することにしました。

無事、最高のかたちで
25歳の誕生日を迎えることができました。

本当にありがとうございました!


【8月22日(土)「朝日新聞」夕刊】にて
取材していただいた記事が掲載される予定ですので
もしよろしければ読んで頂ければ幸いです。
→詳しくは下の方を読んでください♪

今回は少し長いですが
暇な時にでも読んで頂ければ幸いです。

----------------------------------------------------
*旅に出るまでの経緯
 →http://ytomohiro.seesaa.net/article/113788640.html

*「風の便りvol.1」
 →http://www.murakari.com/2009/04/-vol1.html

*「風の便りvol.2」
 →http://www.murakari.com/2009/07/-vol.html
----------------------------------------------------


★転送大歓迎★
 興味のありそうな方がいたらドンドン転送してください!
 少しでも僕の見た世界が伝わり、
 ご縁が広がればこれほど嬉しいことはありません。

いつもご迷惑ばかりおかけしていますが、
なにかの少しでもお役に立てれば...
そんな想いで書きますので宜しくお願いします!


――――――――――――――――――――――――――――

■ムラアカリの広がり 〜メディア掲載など

前回の「風の便り」に対しても
たくさんの応援メールをいただき
どうもありがとうございました!

 それなのに
 まだほとんど返事が書けておらず...申し訳ありません!
 追ってお返事いたしますのでお待ちください。

読んで下さった皆さんが
様々なところで紹介をしてくださったおかげで
プロジェクトの広がりも大きなものがあります。

今まではあまり公開してきませんでしたが
(外部評価で見ていただきたくなかったので...)
いろんな方のお力添えのおかげで
様々なメディアにも取り上げていただきました。


□掲載していただいたメディアetc.

・毎日新聞 (3月4日〈全国版〉朝刊 『発信箱』)
・サンデー毎日(5月3日号)
・県民福井:福井県の地方紙
・紀伊民報:和歌山県の地方紙
・Tokyo Design Flow:東京各地で現在配布中
 →http://www.tokyodesignflow.com/paper/
・遠野テレビ:遠野市のケーブルテレビに出演!?
・和歌山県すさみ町の橋本町長とウェブ上で対談させて頂いています
 →http://www.town.susami.lg.jp/soumu/chochotusin/506.pdf


□今後の露出予定

冒頭にも書きましたが、
【8月22日(土)】には「朝日新聞(夕刊)」でも、
取材していただいた記事が掲載される予定です。

・全国版ですが地域によっては掲載されないかもしれない
・掲載日が変更になるかもしれない
とのことなので気楽な気分でよろしくお願いします^^


他にも講演?や執筆依頼も少しずついただいているのですが、
そちらも追々お知らせしていければと思っています。
冬からは『新・田舎人』という雑誌で連載もさせていただく予定です。


あ、この旅で得たことをお伝えできる機会があれば
どこへでも飛んで行きますので!!
お気軽に連絡をいただければ幸いです。
(財布とは相談ですが...苦笑)

いろんな切り口で伝えられることがあると思いますので...。

よろしくお願いします!

なかなか旅のまとめができていないのですが
皆さんにお伝えできるよう文章もしっかり残していきます。


――――――――――――――――――――――――――――

■旅の歩みを振り返って...

思えば、最初の滞在先しか決めずに
練馬ICからヒッチハイクを試みたのが2月11日。

「とにかく今あるもので行けるところまで行こう」

という発想で飛び出したところ、
いろんな人が手を差し伸べてくださり
食料、自転車、寝袋、テント、車、衣料品、滞在先...(他多数)
と、必要なものは全ていただきました。


結果、旅は当初5ヶ月の予定だったのが
6ヶ月・25歳の誕生日手前までに伸び、
「プロジェクト」という性質は薄れていき
「限界集落」というキーワードへのこだわりも薄れるなど
表面的なことは大きく変化していきましたが、

* その土地に住む人との関わりの中から地域を知る
* 頭ではなく身体で掴む
* 影ではなく光を見つめる
*(自分自身が)常に希望を抱いて前向きに歩む

これらのことは旅を通じて
一貫して変わらず大切にできたかなと感じています。

本当にすべて出会いと人の縁だけで紡ぎだされた旅でした。

+ + + + + + + + + + + +

長かったような短かったような、
楽しかったような大変だったような、
なんとも表現しづらい時間でしたが、

"今"この時に、
等身大の友廣裕一が実現することのできる
精一杯の旅だったと感じています。

(自分の未熟さが故に、旅に至らない点が多々あったことも含めて...)

この旅を基点として人生がどのように転んだとしても
ぼくはこの選択を後悔することはないと言い切れるし、
どんなに色褪せたとしても自分の命を終えるその時まで、
この旅は輝きを失うことはないと断言できます。


それほどに、
この旅は本当に多くのことを
ぼくにもたらしてくれました。


勇気を持って一歩を踏み出すことの尊さ、
信じれば未来は拓けるのだという自信、
情報では得られない世界の広がり、
自然に向き合って暮らすことの実感、
本当の豊かさとはなにかという考察、
そして出会いによって日々前進する感覚。


出会いと別れを繰り返しながら
今まで知る由もなかった土地に立ち
鮮やかな景色をもって自分の中の日本地図を彩ることのできる喜び。


お手伝いをさせていただきながら、
一つの「家」にて寝食を共にさせていただくことで

息をすること
風景を見ること
食べること
話すこと、
はたらくこと・・・

いろいろな切り口から
その土地の"リズム"に自分をチューニングし
体感を持って地域を感じることができました。


本当に、支えてくださった皆様のおかげで
「これでもか!」というほど濃密で充実した
すばらしい旅をすることができました。


無事に誕生日を迎えることのできた
有難い感謝の気持ちとあわせて
支えてくださった皆さんに心から感謝をお伝えします。

本当にどうもありがとうございました!


――――――――――――――――――――――――――――

■今後のこと

とりあえずは大阪の実家に戻ったり
東京で居候をさせてもらったりしながら
この旅を振り返ってまとめていこうと思っています。

特に8月は大阪に帰ったりでバタバタしているので
本格的に人と会わせていただくのは9月以降の予定です。
報告会的なものも9月には...

今後の展開もまだまだ定まらないので
振り返りを通してじっくり考えていこうと思います。
追って、皆さんにもお知らせいたします。

アドバイス・叱咤激励など大歓迎です(笑)
なにかありましたらぜひとも
yuichi.tomohiro810(@)gmail.comまで送ってください!
  ↑
 ()をはずして、@を半角にしてください。


ぼくを支えて下さっているみなさん、
いつも本当にありがとうございます。

簡単ですが、
ひとまず旅が終わったことを
ご報告させていただきました。


引き続き、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

* Resource Coordinator *
友廣裕一 (TOMOHIRO Yuichi)

◎毎日新聞 (3月4日〈全国版〉朝刊 『発信箱』)
◎サンデー毎日(5月3日号) に掲載していただきました!


posted by ともひ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。