2009年03月15日

@新潟

友廣です。

この一週間、
農水省の「田舎で働き隊!」という事業を利用して
新潟県南魚沼市の三つの集落を回らせていただいていました。

ぼくがはじめて
いわゆる「田舎」に触れた場所。

その土地で、雪深い景色の中
一週間を過ごしました。

詳しいことはまた書きますが、
だいぶ構造的に農山村のことが見えてきました。

同時に、日常の中に
小さな感動が詰まっていることも…

一緒に時を過ごした皆さん、
そしてエコプラスの皆さん、
どうもありがとうございました!!


posted by ともひ at 11:03| Comment(1) | 日本一周PJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
@22号館

長いようで短い一週間でしたね。
ほんとうにお世話になりました。

来る前はいちばん遠いところにいると思っていた友廣さんのなかに、自分とリンクする部分をいくつも発見できたこと。この研修で得たいちばん大きなもののひとつです。

それはたとえば、

>日常の中に 小さな感動が詰まっている

の一文によっても、あらためて確認されます。
ぼくの、この一週間の総括は、14日にも申し上げた(友廣さんは電話中だったかな?)ように、
「何気ない日常の中に、思いがけないほどの想いがかくれている」
というものだったから。

一方、「貢献と挑戦」というキーワードと、すきっとしたセルフエスティームが、友廣さんならではのものだなあとも感じます。学ばせていただきました。

充実した旅をお続けください。
発信、楽しみにしています。
Posted by kemonohen_desu at 2009年03月16日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。